いい温泉宿、おいしい料理宿

いい温泉宿、おいしい料理宿

再び訪れたいお宿探訪と趣味のブログ

琵琶池【長野県 志賀高原】~歩きやすい舗装路の琵琶池周遊散歩コース~【2020年7月】

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193428j:plain

田ノ原湿原を歩いてからのハシゴハイキングに琵琶池を周遊しました。小雨程度であれば問題なく歩ける整備されたハイキング道です。

田ノ原湿原の記録もよかったらどうぞ。

前日に泊まった渋温泉の小澤屋旅館さんの記事はこちら。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193438j:plain

サンバレースキー場の駐車場が無料で開放されています。行くかどうか迷うぐらいの雨が降っています。終始、ハイカーさんに全く会わなかったので普通は行きませんな。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193434j:plain

細かいコースタイムは載っていませんが、1周すると一時間半ぐらいの所要時間でした。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193443j:plain

ハイキング道入り口は駐車場内の赤矢印の所から。舗装されていますが車両は進入禁止です。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193448j:plain

まもなくして池が登場。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193547j:plain

7月終わりなのにやけに背の高いアジサイが咲いています。梅雨が長いのと標高があるので2か月ぐらい下界に比べると遅れているのか。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193554j:plain

周遊コースの入り口に到着です。ぐるっと1周すると道の反対側へ戻ってくることになります。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193600j:plain

進んでいくとつづら折りで高度を下げていきます。ダートではなく完全に舗装されたアスファルトの道が続きます。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193605j:plain

つづら折り下りきると分岐があり、駐車場へ戻る進路と周遊コースに分かれています。周遊コースで水無池方面へ行きます。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193611j:plain

時折、樹林帯から覗く琵琶池の様相。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193628j:plain

途中炭焼き窯の跡がありました。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193634j:plain

雨が続くためかキノコがそこらじゅうにもりもりと生えていました。キノコは詳しくないが生体は気になりますねぇ。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193639j:plain

見上げると深緑のトンネルにマイナスイオン。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193643j:plain

おお!ギンリョウソウだ!見るのは初めてだったりする。たぶん、相性があまりよろしくなくお目に掛かれない。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193648j:plain

お花が豊かですなぁ~~。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193700j:plain

ヨツバヒヨドリという花に停まるアサギマダラという蝶々。街中では不気味に感じてしまう虫も、山の中で見ると何故か美しく、しかも触れてしまう不思議。年いってきてるからか・・・。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193709j:plain

といってる間に車道に出ました。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193715j:plain

5分もない程に車道を歩きます。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193719j:plain

駐車場とは反対側にあたる琵琶池の雨でしっとり潤う情景。向こうに見えるのは笠ヶ岳かな。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193723j:plain

車道を進んでいると確かな踏み跡があるダート道がありハイキング道へ復帰。チャリとバイクは禁止の標識。単車で走ると気持ちがいいであろうアップダウン。マウンテンバイクで山遊びをする身としては、確かにこれは最高だろうなと思う道です。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193739j:plain

ダートから舗装路に変わり「旭山」の分岐に着きます。まっすぐ進むと琵琶池周遊コース。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193743j:plain

再びダートの道に変わり、いよいよ登山という雰囲気です。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193747j:plain

なんだこのBIG茸は!笠を開きまくりで胞子全開放出中で今にも爆発しそう。なめ茸のような群生も、おいしそうではあるが・・・キノコはチャレンジできない・・・。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193752j:plain

分岐から7分で山頂と駐車場の分岐に到着。事前情報から旭山は眺望がないのは知っていたのですが、カロリー消費に相方がガンガン上がっていきます。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193757j:plain

大雨になると水路になってしまう登山道は、土が雨水によってかなり持っていかれています。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193813j:plain

分岐から12分程で白樺の樹林帯保全地区を抜けます。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193818j:plain

山頂には東屋があり過ごしやすい空間ながらもやはり眺望はありません

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193823j:plain

昭和天皇さんの弟さんが植樹した松?がありました。標識には年式はなく察するに50年以上前よりも古いのかもしれません。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193827j:plain

少し眺めがあるところで撮影するも今一つ。お手軽に登れるので、少し刈り込んで見所を増やせば人気がでそうなんだけども・・・。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193832j:plain

下山開始。登ってきた順路を下っていきます。分岐を駐車場方面に降りていくと、さらに分岐にたどり着きます。「旭山駐車場」と「一沼」の標識を、「一沼」方面へ進路をとります。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193854j:plain

ここからは登山ではなく整備されたハイキング道を下っていきます。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193858j:plain

左画像は分岐への出合いですが、ここにきて相方の雨への「やけくそテンション」が高揚し、よく分からないSONGと振り付けで突き進んでいきます分岐から5分ぐらいでしょうか。「一沼」と「駐車場方面」の分岐に到達。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193907j:plain

せっかくなので、一沼(いちぬま)に寄りました。風と雨がなければ最高の水面リフレクションでしょう。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193914j:plain

一沼では「ヒツジグサ」という浮草が見頃を迎え元気に花びらを広げていました。

相方が花びらに酒を注いで器にしたら美味そうだ」

と呟く。えらく畜生な仏様ですこと・・・。

この花を撮影しにくるカメラマンもいるんだそうです。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193920j:plain

分岐へ戻り、つるつる滑る木道を慎重に琵琶池方面へ。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193937j:plain

少し開けた場所にでました。季節によってはお花畑とかになるのでしょうか。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193946j:plain

広場を抜けるとウッドチップが敷かれた道を進みます。足元が柔らかくて気持ちがいい。

f:id:SiWaSu_CaT:20200906193955j:plain

出発地点の舗装路へ出てきて琵琶池を1周してきました。

自然散策や散歩といった気持ちで歩くといい運動になる周遊コースでした。自然相手の遊びをしていると、雨が降るとやることが無く困りがちです。残念ながら琵琶池周遊に超絶景はありませんでした。しかし、カッパをきて凌げる程度の雨であれば、動植物を愛でながら問題なく楽しめました。

駐車場に戻って靴の泥を落として、本日のお宿「上林温泉 仙壽閣」さんへ向かいます。仙壽閣さんの泊まってみたい方は下の記事をどうぞ。