いい温泉宿、おいしい料理宿

いい温泉宿、おいしい料理宿

再び訪れたいお宿探訪と趣味のブログ

岡田旅館 和楽亭【岐阜県 平湯温泉】~古民家を移築した離れがある温泉宿。うれしい方に期待外れの美食に舌づつみ~

          

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213117j:plain

 岡田旅館さんの建物は本館と別館があります。本館は和風の風情があるホテルのようになっていて、別館の「離れ」は飛騨独特の古民家の趣をイメージとした造りとなっています。

旅情

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213142j:plain

チェックインは本館のロビーで行います。こちらには喫茶や売店がありお土産だけでなくお酒も置いています。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213200j:plain

 本館の館内にあるショーケースには、岡田旅館さんの歴史に関わる展示品が置いてあります。また、1階からは「離れ」と大浴場へアクセスができます。他には宴会場とお食事処がありました。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213416j:plain

 離れは「和楽亭」という名前がついており150年前の古民家を移築再建したものだそうです。ロビーから宴会場、大浴場の前を通り「和楽亭」の入り口に到着です。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213333j:plain

 全部屋10室からなりプライベート感が重視され、全てのお部屋に内湯と露天風呂が付いています。有料ですが2つの貸切風呂もあり、お部屋のお風呂よりも湯船が大きいようなので、ご家族で利用する際には良いかもしれません。f:id:SiWaSu_CaT:20190902213403j:plain

 建物は帳場と囲炉裏のお食事処を中心にして回廊でお部屋が繋がっています。この帳場で女性はお部屋案内時に色浴衣を選ぶことができます。ここには熊の毛皮が敷かれているのですが、他のどの旅館で見たものよりもかなりでかい。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213301j:plain

 回廊の下には温泉水を流した川があり、冬場は雪やつららを溶かしているのだとか。水?お湯?はものすごく綺麗で苔などが一切生えておらずお掃除がまめなのか生えない工夫があるのか。館内の設備として「和楽亭」の宿泊者は本館の大浴場も利用できます。ジュース類の自動販売機は大浴場の湯あがり処や、和楽亭入り口付近に、ビールや酎ハイの自動販売機は売店横にありました。

 

 

お部屋

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213600j:plain

 和楽亭のお部屋は室内の配置は違えど、すべて2間続きのお部屋となっています。案内して頂いたお部屋は「睦月(むつき)」というお部屋です。f:id:SiWaSu_CaT:20190902213616j:plain

 本間12畳+前室3畳+踏み込み2畳+次の間6畳+ドレッサー2畳+洗面2畳+内湯+露天+トイレとかなり広い。8人ぐらいは普通に寝れそうです。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213634j:plain

 踏み込みと前室は続き間になっています。石1つが置かれた枯山水が踏み込みにあり、冷蔵庫や茶たんすが前室にあります。その奥がトイレになっています。また、本間の奥にある次の間には掘りこたつがあります。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213648j:plain

 堀こたつの次の間からクローゼットのあるドレッサー室を経て、室内浴場の脱衣室と洗面からお風呂へ。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213705j:plain

 チェックイン時には湯船にお湯がすでに張られて贅沢に溢れ出ていました。源泉が熱いので内湯には加水できるように蛇口が別についています。茶色の湯の花がたくさん舞い泉質の良さが伺えます。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213720j:plain

 露天風呂は内湯の浴槽からのオーバーフローが注がれるようになっています。内湯から以外にも露天風呂には独自の湯口もあるようでした。だれも入らないお湯は新鮮そのもので、湯口では炭酸泉のような極少のエグ味が感じられ、大浴場のどの浴槽よりもツルツルした感触が強かったです。このお湯を楽しむために、和楽亭に泊まるのもいいかもしれません。

 このクラスにしては珍しくウェルカム茶がありませんでした。ホテルスタイルで案内後は過剰なサービスが全くありません。外国人向けになっているのか。実際、お盆後だったので日本人客より海外のお客さんのほうが多かったように感じます。ドライヤーとアメニティ類は一式問題なく揃ってあり、お茶セット茶菓子、金庫と空の冷蔵庫。お部屋の案内はとても丁寧にして下さり接客は気持ちのよいものでした。夕食時にお布団敷きがあり、朝は御布団上げがありません。お部屋のお茶の緑茶はとても美味しいお茶でした。

 

お風呂

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213908j:plain

 湯屋が面白い作りになっています。2階が脱衣所で1階に浴室があるという珍しいタイプ。足腰が悪い人のために浴室までエレベーターがついています。夜9時からは入浴者が減ることもあるのか、省エネモードでジェットバス類はすべて止まっていました。

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214008j:plain

浴槽は内湯2つに庭園露天風呂と窯風呂の4つの浴槽があります。私的にはジェットバスが止まる夜に入るほうが、湯がかき回されないので感触は良かったように思います。すべての浴槽は源泉かけ流しになっています。

和・やわらぎの湯

大浴槽

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213922j:plain

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213946j:plain

 茶色い大きな湯の華が大量に舞い極わずかに炭酸泉のようなエグ味がある。2段重ねの正方形のかけ流し口からは湯の花が転がるように湯舟に落ちていきます。こちらにはジェットバスがあり、浴槽奥の淵からはどんどん湯が溢れていきます。浴感はツルツルとした感触があり温度も高めです。岡田旅館さんの大浴場の浴槽では、この湯船が個人的にはお湯の使いが一番好みでした。

丸浴槽

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214032j:plain

 かけ流し量は他の浴槽に比べると少なめですが、湯口は長方形の浴槽と同じく極少のエグ味と湯の花が浮遊しています。浴感はツルリとしているが今一つで、湯量とジャグジーによって湯が弱くなっているのか。

庭園露天風呂

窯風呂

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214146j:plain

 35度低温となっていて、岡田旅館さんの推奨ではまずこちらからで体を慣らしてからとなっています。かなりの量のかけ流し量があり、そのうちの一部は露天風呂に放流するようになっていました。また、湯舟に体を鎮めると豪快にお湯が溢れ出て行きます。この浴槽にはこげ茶色の細かい湯の花もあり、ツルリとした肌触りを感じますが塩素のにおいがしました。

露天風呂

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214131j:plain

 岩には白い既出物がついているのか岩風呂全体が白く見えます。かけ流し口からは内湯と同様のエグ味とも渋味とも言える味がします。浴槽の底に吸い込み口かと思いきや、あつ湯がじんわり湧きだしていました。源泉温が高いので、こちらも注ぎ口でしょうか。窯風呂からの流入もあるので少し塩素のにおいがしました。

打たせ湯

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214205j:plain

 無味無臭のお湯が贅沢にかけ落とされていきます。こちらも温泉のようで既出物の付着を確認できます。足元からは結構なオーバーフローがあります。

飲泉所

f:id:SiWaSu_CaT:20190902213242j:plain

 大浴場を出ると湯あがり処があって、そこには湧き水を引水したものを飲むことができます。ものすごく中性的な味ですが今年は気温が高いためか冷水といった感じではありませんでした。

 

お料理

夕食

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214253j:plain

 正直なところ大型旅館だったので、お食事は期待していなかったのですが、いい方向に期待外れで素晴らしい食事を提供していただけました。何故かと言うと公式HPの御品書が地味だったもので・・・。食べてみないと分からないという典型例です。ごめんなさい。お食事は囲炉裏のあるお食事処でいただきます。お献立がなかったので配膳係さんから聞いた内容と、食べた感触から献立を作っています。個人的な感想なのでご参考程度に見ていただければ幸いです。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214420j:plain

【食前酒】:白酒

 甘酒に日本酒を加えたもの。日本酒感は控えめに麹の甘味がとても強い。女性に人気だそうです。口に残るような舌触りはなく、さらさらして口当たりが良く女性好みなのは頷けます。

【前菜】:トマトチーズ寄せ、栄螺の雲丹ソース焼き、炙りヤングコーンのトマト味噌掛け、鮎の山椒煮

 ①トマトをピューレ状にして型に流しモッツァレラチーズを中に落とし込んで固めたものかな。ミニトマトのわたをくり抜いてチーズを入れるのは良くありますが、寄せでチーズ入りは見たことがありません。これに甘い酢橘とジュンサイのゼリーに浸してあります。甘いトマトの爽やかさとチーズの相性はよく酢橘の風味がさらに涼しく感じさせます。②サザエはさらりと火を通してあり、甘味しっかりのウニで蓋がしてあり炙りを入れてあります。サザエの触感とウニの濃厚さを楽しむ一品。③ヤングコーンは香ばしく、夏らしい組み合わせのトマト味噌で今まで味わったことのない不思議な感覚です。④アユのサンショウ煮はサンショウの匂いはやさしめで、甘露煮のような甘さですが身はとても柔らかくアユ本来の旨味が良い。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214452j:plain

【冷菜】:地野菜の野菜スティック

 お野菜は人参、黄パプリカ、キュウリ、大根、はじかみ、金魚草(赤、ピンク)です。どれも新鮮野菜でコリコリとしています。以前、同じ界隈のお宿に泊まった時にも野菜スティックが出ました。岡田旅館さんでも畑とかされていて自家製なのかもしれません。付けタレはバーニャカウダを模したクリーミーなアンチョビソース、南蛮辛味噌、岩塩です。南蛮辛味噌が柚子胡椒のような辛さが癖になります。

【しのぎ】:稲荷そば

 10割と思わしきボソボソしながらも歯ごたえはあるソバを、お稲荷さんで包んであります。お稲荷さんの下には大葉が敷かれ、これに夏らしく味付けされたオクラとエビで彩りをとり、それをワサビ菜の上に盛り付けてあります。カツオのお出汁は醤油を抑えてあり料理になじみます。お稲荷さんにソバをいれようという発想がまず出てきません。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214512j:plain

【造り】:旬魚5

 お刺身は中トロマグロ、ボタンエビ、ツブ貝、奥飛騨サーモン(大鱒)に夏野菜のゼリー寄せで5種。どれも素材の味はそのままに、マグロやサーモンも脂の乗りがよく、ボタンエビとツブ貝の濃厚な甘さがあります。ゼリーは赤、黄パプリカ、オクラを寄せたものでした。これを酸味と塩が強めのお醤油で頂戴します。つまは海藻クリスタル、大葉、蓼、ワサビです。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214817j:plain

【鍋物】夏野菜とつくねのレモン鍋

 お出汁は塩のみという素材勝負のお鍋。火が煮立ったらお野菜とレモンを入れてひと煮たちさせ、つくねを入れてもう一度煮立たせる。最初に口にした時はレモンの風味はしないのですが、味が落ち着てくるとしっかりとしたレモン味感じられるます。つくねはキメが細かいのに軟骨のコリコリした噛み心地がいい。鶏肉の雑味は出ず上品なお出汁は最後まで飲み干してしまいました。味付けが濃い献立のなかでもあっさりとした味に舌が休まります。お野菜はエノキ、とうみょう、赤パプリカ、白ネギ、冬瓜、白菜です。冬瓜はあらかじめ柔らかく炊いてありました。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214839j:plain

【囲炉裏】:飛騨牛石焼食べ比べ

 お肉の種類は、バラ三角、ハネシタ、サーロインです。バラ三角はバラの、ハネシタは肩ロースの希少部位となっていて普段あまり目にすることがないところです。画像の通り脂のさしが多く年のいった胃袋には、ややしんどい感じもしますが味は文句のつけようがありません。そして岡田旅館さんのお肉は量が多いのがとても贅沢。味付けは、刻みワサビ、岡田旅館オリジナルソース、塩コショウです。刻みワサビはお醤油と合わせているのでしょうか。オリジナルソースはタマネギとニンニクの味。塩コショウはすり鉢で細かく潰してあります。これらの調味料は何回でもお変わり自由だそうです。付け合わせはトウモロコシ、アスパラガス、ニンジン、マイタケです。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214902j:plain

【焼物】:岩魚塩焼き、丸茄子の味噌田楽、山桃のワイン寄せ

 公式HPの献立では囲炉裏料理でしたが、あらかじめ焼いてからの提供でした。岩魚は身振りがとても大きく塩味少し強めです。ゆっくりと食べていたため、献立の最後のほうで登場。出すタイミングを混乱させてしまったのか、焼きたてという感じではありませんでした。仕方なし。しかし、岩魚だけでなく味噌田楽と山桃のゼリーも付いてくるという品数の多さ。田楽味噌はとても滑らかな舌触りで甘さに違和感。クルミ?えごま?なんとなく黒蜜ぽい?前菜の創作性やソバをお稲荷で包むぐらいの板長さんなのでありえるかも。とても大振りの山桃は香り高く、ワインとグラニュー糖?で良い加減に甘さを足してあります。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214927j:plain

【食事】:枝豆ごはん

【香の物】:赤カブ、みぶな、小茄子のピリ辛付け

【お椀】:海苔と巻き麩の味噌汁

 枝豆ご飯には枝豆以外に大根菜、ちりめんじゃこ、胡麻が混ぜ込んでありました。やんわりと塩味をもたせてあります。止椀の味噌汁は味噌らしからぬ味でした。岐阜といえば甘味が強くしょうゆ味寄りのイメージがあるのですが、信州や関西風でもなく感じ。

 

f:id:SiWaSu_CaT:20190902214944j:plain

【水菓子】:マンゴー、ブルーベリーのムース、こんにゃく餅抹茶餡

 マンゴーは上物によくみられるトロットロッのあま~いやつです。ムースのブルーベリー味は濃厚でふんわりというよりはしっかりとした硬さがあります。こんにゃく餅は生地に甘さを入れ込んでありますが、中の餡は意外にも甘さと抹茶風味は前に出すぎず。これらを恐らくマンゴー味の蜜に浸してありました。なんと、こんにゃく餅の餡は日替わりでハッサク餡とイチゴ餡になるようです。どれも食べてみたい。

朝食

f:id:SiWaSu_CaT:20190902215011j:plain

f:id:SiWaSu_CaT:20190902215032j:plain

・飛騨トマトのジュース

・鮎の一夜干し、卵焼き

・飛騨牛の朴葉味噌焼

・細切り山芋とえのきのなめ茸和え

・サラダ(ハム、ミニトマト、キャベツ、サニーレタス、ポテトサラダ、胡麻ドレッシング

・煮物(茄子と厚揚げの揚げびたし)

・珍味(ピリ辛ゴボウ味噌、大豆の岩海苔和え、明太子)

・茶碗蒸し(鰻、海苔餡、銀杏)

・焼きのり

・飛騨野菜のお味噌汁(豚、ニンジン、ゴボウ、レンコン、こんにゃく、里芋)

・白米

・香の物(お新香、青しそ実、梅干し)

・マンゴーと紫イモの白玉あんこ、はっさくゼリーかぼちゃの種のせ

 朝食は夕食と同じお食事処で頂きます。朴葉味噌の飛騨牛はサシがはいって脂がにじみ出て御飯が足りません。煮物は丁寧に炊いてあり味付けがとてもやさしい。固めの茶碗蒸しは海苔の風味と鰻の脂の匂いがマイルド。お味噌汁は上品な豚汁といったところで、奥飛騨の根野菜がゴロゴロ入っています。やはり、野菜がうまい。朝から満足のいくお腹いっぱいのお料理を頂きました。特に甘味の味付き白玉の工夫と、はっさくゼリーのすっきり感はやみつきです。

 

まとめ

 岡田旅館さんは行きたいお宿リストに入っていたので、楽天スーパーセールでかなり安く売られていたのを予約しました。宿泊日はお盆後で、泊まり客も3組のプライベート感のある和楽亭の空間と、素材の味が際立つお料理に大満足。さらには、お湯の量がとても豊富なので、大浴場でもお部屋付きのお風呂でも温泉を間違いなく満喫することができます。1つ気になったのが、お部屋案内係と配膳係の方の接客はものすごく丁寧だったのに対して、フロントのスタッフの方々が事務的な感じがしたのが勿体ないなと思いました。そういう雰囲気作りだったら申し訳ない。

宿泊料金

 さて、宿泊料金です。楽天スーパーセールで、まず5%offでさらに10倍ポイントバック。この時点で実質15%offです。これに10000円のクーポンが使えたので、かなりお得に宿泊させて頂いたのではないかと思います。よくクーポンやセールをしておられるので、いいプランがあったらまた利用してみたいです。

宿泊日:2019/8(土曜日泊)

旅行サイト:楽天トラベル

プラン:[楽天スーパーSALE]5%OFF!&ポイント10倍!【離れ家和楽亭】お部屋から選ぶ定番プラン

部屋タイプ:【和楽亭】源泉掛け流しの内湯&露天付き古民家風客室(warakutei)×1部屋 築150年の民家を移築再建した内湯・露天風呂付き客室。二間続きのお部屋で大切な人とゆたりしたひとときを。

合計料金:44732円(2名)

クーポン:10000円(楽天スーパーセールクーポン)

ポイント利用:3000P

支払い料金:31732円+入湯税300円

加算ポイント:3173P

平湯温泉 岡田旅館 宿泊料金チェック

『じゃらん』

『楽天トラベル』

『YAHOOトラベル』