いい温泉宿、おいしい料理宿

いい温泉宿、おいしい料理宿

再び訪れたいお宿探訪と趣味のブログ

大和屋【兵庫県 城崎温泉】~昔からの風情を残す古い建物が並ぶ温泉街の中心で、少ない配湯でも気にならない丁寧な湯使いと、日本海の幸に地物名産が味わえる~

川を挟むように建物が並び、春は桜、夏はホタル、冬は雪景色を温泉街で楽しむことができます。近代化されたお宿と、文化財に登録されるような古めかしいお宿が混在していおり、高級旅館もあればお手頃な旅館もあります。どちらかというと「やまとや」さんは…

渓流荘 しおり絵【長野県 さわんど温泉】~長野県側上高地の入口にある1軒宿、風変りな源泉かけ流しの洞窟風呂はまさしく秘湯、美味少量な山の幸が極まるフルコース~

長野県側から上高地へ入る玄関口にある「しおり絵」という一風変わった名前の温泉宿があります。初めて「しおり絵」さんを発見したときは、何故にこの名称なのかと不思議に思ったものです。公式HPを見ていると「旅という本を読み返した時にふと心に留まる、…

民宿 すわ湖【長野県 上諏訪温泉】~かつては由緒ある温泉旅館だったと思わしき佇まい、コスパ最強の食事と温泉は値段設定が完全にバグっているとしか思えない~

民宿とはいうが立て構えは旅館。サービスはどちらかというと旅館。先代が経営されていた旅館を世代交代をして継がれたのか。はたまた新規事業として立ち上げられたのか・・・。少し接客が不慣れな感じがありながらも不思議と愛嬌のあるご主人さん。宿泊料金…

硫黄岳-プチ天狗岳【長野県 八ケ岳】~下界では秋真っ盛りでも標高2000mを越えると晩秋の兆しは冬支度、寒さが増し登山客の足が遠のく八ケ岳でのテント泊~【2021年秋】

雪山をやらない我が家からすると寒くなって来たこの季節。最後のテント泊にどこかにいこうかと思案していました。感染症の影響もあり山小屋事情もそれぞれです。八ケ岳のオーレン小屋のテント場は予約は要るが、登山口からは1時間半もなく良い意味で敷居が低…

奈良屋旅館【長野県 野沢温泉】~創業は大正元年、築100年の木造建築は時代の流れと共に姿を変えてきた、黄緑色の自家源泉と地元食材を麗食に昇華した郷土の味を堪能~

野沢温泉の観光スポットである天然記念物の麻釜(おがま)に近く、大正時代に建てられたという木造三階建ての奈良屋旅館さん。築100年を経過した建物は確かな木造の軋みがあり、時代と共にリフォームを重ねていながらも、梁や柱などにはかつての趣きを残す9…

山田屋旅館【長野県 野沢温泉】~温泉街中心から外れた小さな路地に面し、静寂な空間で源泉かけ流しの内湯と2ヵ所の外湯を楽しめる。郷土の料理とひっそりまったり隠家の温泉旅館~

昔ながらの旅館スタイルがそのままに残る山田屋旅館さんは、全7部屋という小振りの旅館です。昭和館が残る館内はまさに湯治のお宿の情景を残し、天然記念物の麻釜(おがま)から引き湯された湯舟を持っておられます。 旅情 お部屋 お風呂 内湯 外湯 お料理 …

湯宿 草庵【島根県 湯の川温泉】~田畑が広がる小さな温泉街で、4種の源泉かけ流し貸切風呂と華やかな地産の創作会席で、上質なのんびり時間と空間を演出するお宿がある~

日本三大美人の湯である「湯の川温泉」は数件のお宿がある鄙びた温泉街です。そのうちの1軒が「湯宿・草庵」さんです。公式HPの説明を見ると、古民家再生と洋家具のアンティークを融合させ、「復古創新」をコンセプトとしたお宿に仕上げてあるのだそうです。…

茶六別館【京都府 天橋立 宮津温泉】~古めかしい文化財のお宿が残された宮津温泉街、文化財となってもおかしくない料理旅館では美食京会席を麗しくサーブする和ステイ~

同じ宮津温泉街には有形文化財に登録された茶六本館という旅館があります。本館のすぐ近くには「茶六別館」という料理旅館があります。こちらの別館も本館に負けず劣らずの文化財のような木造建築の威風堂々の立て構えのお宿です。そして、料理旅館と謳うだ…

富士屋ホテル【神奈川県 宮ノ下温泉】~誰もが憧れる箱根にある有形文化財のクラシックホテルはとこしえに、ホテルであるのに木造の軋みと現代美食フレンチでアンティークとモダンを五感で感じる~

富士屋ホテルさんは、明治に日本初のリゾートホテルとして誕生し、他のクラシックホテルと同様に終戦後は米軍に接収されてなお当時の趣きを留めています。140年の歴史ある建造物は1997年に有形文化財に指定され、木造建築のホテルとして現存しています。 最…

弥山-八経ヶ岳【奈良県 関西最高峰】~関西最高峰は2000mも満たないのに神々が宿ろう山容を見せ、ふかふか芝生のテン場で心の安らぎリラックスタイムを過ごす~【2021年7月】

アルプスに行く予定だったが、どうやらあちらは雨の模様。テント泊が久しぶりにしたくなり路頭に迷っていたら、西日本は晴れの山が多いではないか。手軽にいけるのなら1つしかない。日本百名山でもある関西最高峰の八経ヶ岳を目指す弥山でテントを張ること…